【imovie】タイピング風に1文字ずつテキスト/字幕を出すエフェクト編集方法

どうも、Mゆうです。

imovieのデフォルトタイトルでは、
タイトルあるいは字幕テキストを1文字ずつ出したりができないので、
いつもタイトルが一辺倒になりがち、見せ方に苦労している。。
という方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな方に向けて、「違った見せ方」として、
タイピング風のタイトル編集のやり方を紹介します。

こんな感じです。

Youtubeでも解説してます。

編集に必要なアプリ

imovie単体では編集できず、以下3つを用いて編集していきます。

  1. imovie
  2. keynote
  3. Quick Time Player

いずれもmacユーザーならデフォルトで使えるので、
すぐに編集にとりかかれると思います。

編集の前に

MACの文字入力設定の変更

1つだけ設定変更が必要になる場合があるので、
先にその点補足しておきます。

MACで文字入力する際には「推測候補表示」機能が備わっていますが、
今回の編集ではこれが邪魔になるので、設定変更を行います。

設定変更せずに本編集やると、画面収録時のステップで以下のようになります。

imovie タイピング風 編集

恐らく、デフォルト設定だと「推測候補表示」が、オンになっていると思いますので、
一度確認してください。

STEP.1 [システム環境設定] から [キーボード]設定へ。

STEP.2 [入力ソース]タブ、[推測候補表示] のチェックを外す。

これで編集にとりかかれますが、普段PCを使うにあたっては、
「推測候補表示」機能が便利だと思うので、必要な方は、編集を終えたら
設定を戻すのも忘れずにしてくださいね。

編集方法

編集の流れ

大きな流れは以下の通りです。

  1. Keynoteでクロマキー用の下準備
  2. Quick Time Playerでタイピングを画面収録
  3. imovieでクロマキー

では、これから順に解説していきたいと思います。

①Keynoteでクロマキー用の下準備

STEP.1 keynoteアプリを起動し、クロマキー用に設定する。

  1. [フォーマット]を選択。
  2. [背景色]をグリーンに設定する。

imovie クロマキー設定

STEP.2 [テキスト]タブ にてフォント、大きさ、色など設定する。

imovie クロマキー 設定

これで、keynoteでの下準備は完了になります。

続けて、いざ収録です。

②Quick Time Playerでタイピングを画面収録

STEP.1 Quick Time Playerを立ち上げ、「新規画面収録」をクリック。

imovie タイピング風 タイトル編集

STEP.2 画面収録を行いながら、keynoteで任意のテロップを入力する。

imovie タイピング風タイトル タイプライター編集

画面収録を終えたら、収録データ(素材)を任意の場所に保存する。

これで、素材の準備も完了となりますので、
あとはimovieでクロマキー編集を行えば完了となります。

③imovieでクロマキー

ここからimovieで、最後の仕上げです。

  1. 画面収録した素材をタイムラインにドロップする。
  2. ドロップした素材を微調整する

STEP.1 素材をタイムラインにドロップし、
[クロップ] にて [サイズ調整してクロップ]から必要な部分のみにクロップする。

imovie タイピング風タイトル タイプライター編集

STEP.2 [オーバーレイ設定]にて、[カットアウェイ] を [グリーン/ブルースクリーン]に変更する

これで完成です。

imovie タイピング風タイトル 編集方法

さいごに(編集のコツ?)

今回は、Quick Time Playerの画面収録を活用して、下準備を行いますので、
実際に自分がタイピングをしなければなりません。

タイピングが苦手。

という方もいらっしゃると思いますが、
クロマキー編集のタイミングで速度を調整すれば対応できるので、
焦って、早く打とうとしなくても大丈夫ですよ!

少しぐらい、タイピング速度に強弱があった方が、
よりタイピングらしい雰囲気もでると思いますし。

もし気になるようであれば、ゆっくり、「1、2、3・・」と数えながら
等間隔になるようにタイピングを行えば、タイピング速度のバラツキも
抑えられるかと思います。

今回は、imovieでタイプライターで1文字ずつ文字を打っているような、
タイピング風エフェクトの編集方法を紹介しました。

誰かの動画編集のお役に立てれば。

では。

iMovieテクニック記事