【FinalCutPro】背景付きテロップ(座布団)をつける編集方法

どうも、Mゆうです。

 

 

動画編集するにあたって、
YouTube編集なんかだと、動画へのテロップってもはや必須だと思います。

 

テロップの見せ方もいろいろあると思いますが、
文字の視認性を向上するために、テロップに背景をつけるのもその1つですね。

 

今回は、Final Cut Pro 動画編集で、テロップの背景(座布団)をつける編集方法を解説します。

 

ちなみにこんな感じです。

FCPX 背景付きテロップ

 

 

テロップベース

解説に入る前に少し余談となりますが、
こういった、テキストの後ろに、背景色、帯などを装飾すること
「テロップベース」と言います。

 

また、テキストの下に ”敷く” という意味から、

 

通称 「座布団」

 

なんて表現することも多いですね。

テロップベースの利点

 

  1. テキスト文字の視認性向上
  2. ブランディング

 

文字の視認性向上

テロップベースがあることで、
全体に統一感を持しつつ、
文字の視認性も向上させることができます。

 

想像はつきますが、

「動画の背景となる色味」と「テキスト文字色」が
同系色だと文字が読みづらい。

 

また動画は動きがあるので、動画背景の色味も都度変化します。

その度に、文字色を変更することも可能ですが、
全体の統一感もなくなり、目がチカチカして読みづらいですよね。

テロップベースで、これらが解消されます。

 

ブランディング

いつも同様のテロップベースを用いることで、
ブランディングも可能です。

 

例えば、テレビ、Youtubeを想像してみてください。

 

アメトーークといえば、あのテロップ。。

あのyoutuberといえば、このテロップ。。

 

イメージ湧くものがあると思います。

 

オリジナリティを表現することで、動画のブランディングができます。

 

下記のように、テンプレートを使うのもありですね。

アニメーション付きだと、さらに印象に残りやすいと思います。

 

 

他にも素材を見てみる

前置きが長くなりましたが、
編集方法の解説に移ります。
 
 

編集の流れ

大きな流れは下記です。

 

  1. 任意のテロップを作成する
  2. [ジェネレータ]の[カスタム]をタイムラインへ
  3. [ジェネレータ]の大きさを調整

 

編集方法

任意のテロップを作成する

まずは、任意のテロップを作成します。

この時、[テキスト]は汎用性の高い[カスタム]を使いましょう。

    

 

[ジェネレータ]の[カスタム]をタイムラインへ

続けて、[ジェネレータ]の[カスタム]をタイムラインへ並べます。

 

この時、タイムラインのレイヤー関係に注意してください。

作成した[テロップ]は必ず、[ジェネレータ]より上に位置付けてください。

 

FCPX テロップ 背景 座布団

 

 

[ジェネレータ]の大きさを調整

タイムラインへ反映させた[ジェネレータ]の大きさを調整します。

画面右、

ビデオインスペクタ]の[クロップ]から上下左右のパラメータをお好みで調整します。

FCPX テロップ 背景 座布団

 

 

ちなみに、

クロップの調整は[ビューア]→[クロップ]でも調整することができます。

FCPX テロップ 背景 座布団

 

 

これで一通りは完成です。

 

 

補足

あとは、

動画のテーマに合わせて、
背景(座布団)の色や、透明度なども変更してみましょう。

 

▼背景色の変更▼

FCPX テロップ 背景 座布団

 

 

▼背景の透明度変更▼

FCPX テロップ 背景 座布団

 

 

\CHECK/

どうも、Mゆうです。   Final Cut Pro動画編集を始めてみたけど、どのようにスキルを磨いていけば良いか、悩まれてる方もいらっしゃると思います。   一般的に、Final Cut Proの学ぶ方法としては、下記勉強方法が示される[…]

FCPX 本 おすすめ

 

さいごに

今回は、Final Cut Pro動画編集で背景付きテロップの作成方法を解説しました。

 

テロップの見え方が変わるだけで、
全体の印象、見え方も変わってきます。

 

今回の、背景付きテロップでテロップにもアレンジを。

誰かのお役に立てば。

では。