【Final Cut Pro】映像を三角形にクロップする方法

どうも、Mゆうです。

 

Final Cut Proで動画編集するとき、
必要な部分だけクロップすると思いますが、
四角形をベースで切り取ることが多くないでしょうか。

 

  • 四角形ベースだけでは物足りない。
  • 人と違った見せ方をしたい。

 

そんな方に向けて、
今回は映像を三角形に切り出してクロップする方法について
解説していきます。

 

こんな感じです。

■プラグインなし■

 

■プラグインあり■

 

 

プラグインの活用については、最後に触れます。

 

編集方法

[マスクを描画]エフェクトを使用する

STEP. 1 [エフェクトブラウザ] → [マスクを描画] →クリップへドラッグ

[エフェクトブラウザ]で「マスク」と検索すれば、[マスクを描画]がでてきます。

FCP 三角切り出し クロップ

 

STEP. 2 コントロールポイントを描画し、三角に切り出す

コントロールポイントを打つ場所は、好きなところで構いませんが、
今回は、単純に画面端を頂点として三角形に切り出したいと思います。

FCP 三角切り出し クロップ

 

STEP. 3 コントロールポイントで結ばれた形に切り抜き完成

 

補足

もし、コントロールポイントが打てない、などあれば、
「クリックしてコントロールポイントを追加」をオンにし、
描画モードにしてください。(※画像の紫の状態が[オン]です)

これで切り出し作業完了です。

 

マスクの色々な使い方

今回、[マスクを描画]エフェクトを用いて、
クリップ毎に繰り返し作業し、配置して作成してます。

三角に切りに抜いてみたり、四角に切り抜いてみたり。

 

組み合わせは自由なので、
アイデア次第で少し人と違った編集に繋がるのでは?

 

[マスクを描画]を用いた編集テクニックについては、
下記の書籍で、数多く紹介されており、
初心者から脱初心者の方は、勉強になると思いますよ!

 

編集の引き出しを増やすのに加えて基礎の再確認に、
価格も手頃ですし、ぜひ活用されてはいかがでしょう。

 

FCPX画面分割プラグイン

プラグインを使えば、
マスク描画作業の手間も減るので、
時短でsplitscreen編集が可能になります。

 

冒頭でお示しした動画のうち、

2つ目は、
プラグインを用いて編集していますが、
アニメーションもあるので、
さらにオシャレ度は増している
のではないでしょうか。

 

今回、使用したプラグイン素材は、

なんと、

50個以上の画面分割パターンがセットになっていて、
そして、様々な編集で役立つこと間違いないです。

おすすめのプラグインの1つです。

 

 

\今回使用したプラグインはこちら/

 

さいごに(コツ)

今回は、映像を三角形に切り出し(クロップ)する方法について解説してきました。

 

元素材を単純に三角にクロップすると、
人物が切れたりすることもあると思います。


微調整は、[変形]でうまく調整しましょう!

 

誰かのお役に立てば。

では。

 

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート