【Final Cut Pro】精度高く。きれいに画面分割する方法

どうも、Mゆうです。

 

 

皆さん、Final Cut Proで動画編集する際、
1つの画面内を2つ、3つに分割して
映像を差し込みたい時ないでしょうか。(Split Screen)

 

そして、その時差し込んだ映像の大きさって、どうやって設定してますか。

 

[クロップ]や[変形]を駆使して、バランス良く整えようとしますよね。

ただ、

  • 大きさが合わなかったり。
  • 全体のバランスが悪かったり。

 


均等に配置するのに苦労された経験あるんじゃないでしょうか。

 

今回は、その苦労を解決すべく、
均等に画面を分割し、きれいに配置する方法を紹介したいと思います。

 

画面分割して、編集した動画はこんな感じです。

 

 

 

画面分割 = Split Screen

技法の名称としては、
「スプリットスクリーン(Split Screen)」と言います。

スプリットスクリーンとは、

画面において2つないしは複数に分割されて映される映像の表現技法。

(Wikipedia)

 

きれいに配置する方法

水平線を表示する

特に特別な手法があるわけではなく、
補助的な設定を行うだけで、OKです。

STEP. 1[ビューア]→[表示]→[水平線を表示]

FCP 画面分割 2分割 4分割

 

STEP. 2 ビューア内に水平線が表示される

FCP 画面分割 2分割 4分割

 

STEP.3  水平線を目印に素材を配置

今回は、3分割し、映像を配置してみました。

FCP 画面分割 2分割 4分割

 

以上です。

 

大分、編集しやすくなったんではないでしょうか。

 

十の字により2分割、4分割に目がいきがちですが、
8個の細かいメモリもあるので、
上下左右と、いろんなパターンの分割に役立ちそうですね。

 

三角形ベース画面分割

冒頭の動画でも出てきましたが、

 

四角形だけでなく、三角形をベースに分割したい!など


画面分割にバリエーションが欲しい方は、
下記記事も是非チェックしてみてください!

 

関連記事

どうも、Mゆうです。   Final Cut Proで動画編集するとき、必要な部分だけクロップすると思いますが、四角形をベースで切り取ることが多くないでしょうか。   四角形ベースだけでは物足りない。 人と違った見せ[…]

FCP 画面分割 三角切り出し クロップ

 

 

誰かの役にたてば。

では。