【簡単解決】FinalCutPro 動画をmp4形式で書き出す方法

どうも、Mゆうです。

FinalCutProで動画編集して、いざ書き出した時、
ファイル拡張子が「.mov」形式で出力されてしまう。

「.mov」より「.mp4」の方が汎用性も高いし、「.mp4」形式で書き出したい。

そんな方に向けて、今回は、FinalCutPro動画編集において、
動画を書き出す時に、「.mp4」形式で書き出す方法について解説します。

こんな方におすすめ

  • 「.mp4」形式で書き出したい
  • 書き出し設定を常に「.mp4」形式にしておきたい

結論

先に結論ですが、

書き出しフォーマットを下記のように設定変更すると、
「.mp4」形式で出力されます。

「ビデオとオーディオ」から「コンピュータ」へ変更

.mp4で出力する方法

では、こちらから画像を用いて解説していきます。

なお、ファイルを書き出す度に毎回「.mp4」を指定して書き出すのも面倒なので、
今回は、1度設定すると、次回からはクリック1つで
「.mp4」形式を選択できるように
設定する方法を解説します。

STEP. 1

編集画面右上の[共有]アイコンから、[出力先を追加..]をクリック。

FCPX 書き出し mp4

STEP. 2

出てきた設定画面で、[ファイルを書き出す]をダブルクリック

STEP. 3

画面左、新しく[ファイルを書き出す]が追加されていることを確認し、
フォーマットを[ビデオとオーディオ]から[コンピュータ]へ変更します。

書き出し設定を「.mp4」形式とする設定はこれで完了です。

参考) 追加の設定

ビデオコーデック設定

H.264(処理速度優先)とH.264(品質優先)がありますが、
H.264(品質優先)がおすすめです。

名前をつけよう

追加した設定に名前をつけておくことをおすすめします。

クリックすると名前変更できます。

私は、わかりやすく「.mp4形式出力」にしました。

完成

編集画面に戻り、編集画面右上、[共有]アイコンをクリックすると、
先程設定した出力先が選択できるようになります。

FCPX 書き出し mp4

出力先を削除する方法

ちなみに、出力先を削除したい場合は、
[出力先を追加]設定画面からマイナスボタンから削除できます。

削除したい出力先を選択した状態で、マイナス(-)ボタンをクリックすると削除できます。

※下記画像は、上述STEP.2の後になります。

さいごに

今回はFinalCutProで「.mp4」形式で書き出す方法について解説しました。

iPhone同士でのやり取りであれば、「.mov」や「.m4v」形式でも問題ありませんが、
Twitterなど他SNSサービスだとうまくいかないことも。

やはりオールマイティというか、汎用されているものは.mp4形式

いつでもmp4形式で出力できるように設定しておきましょう。

誰かの役に立てば。

では。

Final Cut Proを学ぼう