【わかりやすく解説】imovieでテロップ字幕の位置を自由に変える方法(keynoteアプリ使用編)

どうも、 Mゆう です。

「i movie」って無料で使えて、かつ直感的に操作できるので
非常に使い勝手が良いですよね。

私も初めてのPC動画編集は「i movie」で作りましたが、
かっこいい感じでできて非常に満足した記憶があります。
(中高時代にこんな優れたものがあれば、、楽しめただろうなと。)

動画編集やり始めは、
タイトルの位置なんて真ん中で良いし、十分。
なんて思っていました。

が、徐々に

文字の位置を自由に変えたい。
youtubeやるなら派手なテロップの方が良くない?

なんて思い始め、「imovie」の不自由さを感じ始めることに。

そんな方に向けて。

本日は、macの無料動画編集ソフト「i movie」で、
テロップ文字の位置を自由に変える方法を紹介します。

「imovie」+「keynote」で実現可能

今回紹介する作業は、「imovie」に加えて「keynote」を利用します。

「keynote」自体は、macデフォルトのアプリで、
どなたでも使えるので着手しやすいですね。

このアイコンのアプリです。

Windowsで言えば、powerpoint(パワポ)に相当します。

パワポは使ったことある人も多いと思いますが、
あれって、文字の位置を自由に決められますよね?

そうです。

今回行う作業を説明するなら、

keynoteで自由に位置を決めて作った文字テロップを、
動画の上に貼り付ける」ということです

映像用語で言えば、「クロマキー」です。

分かりにくいかもなので、画像で示しますと、
作業画面自体は以下のような構造になります。

下段が、「文字を載せたい動画カット」

上段が、「keynoteで作成したテロップを自由に設定したデータ」

になります。

なんか簡単そうですよね。

では、具体的なやり方を紹介します。

keynote作成データをクロマキーする

作業の流れ

まず、一連の流れを紹介しますと、以下 2 工程になります。

  1. keynoteでテロップを作る。
  2. 作成したテロップを書き出し、imovieでクロマキーする。

①keynoteでテロップを作る。

STEP 1.

・keynoteアプリを立ち上げる。

この時、テーマはなんでも良いですが、
サイズは「ワイド」を選択します。

※これは一般的な動画アスペクト比が16:9のため。

作成する動画アスペクト比によってはそのままでも良いので、
そのあたりは、状況に応じて選択してください。

STEP 2.

・編集画面の基礎調整を行う。

後ほど[図形]を挿入するため、
作業画面にスライド全体が見える方が良いと思います。

・編集画面を合成用クロマキー素材として下準備する。

まず、[図形]を挿入する。

次に、挿入した[図形]をスライド枠に合わせて拡大。

図形の色は、「青」か「緑」が一般的ですのでお好みで。

[テキスト]などを用いて、入力したいテロップを作成する。

②作成したテロップを書き出し、imovieでクロマキーする。

STEP 1.

・テロップの書き出しは「ファイル」→「書き出す」→「ムービー」から行う。

・次に、解像度を選択します。(720p、1080p、カスタム)

「次へ」をクリックし、任意の場所に保存します。

STEP 2.  ここから、いよいよです。

・imovieを立ち上げ、テロップを載せたいカットの上にドラッグする。

・ビデオオーバーレイ設定を「グリーン/ブルースクリーン」へ切り替える。

元の動画の上に、無事合成されます。

これで、完成です。

あとは、テロップが出るタイミング、長さなどは
imovieタイムラインにてお好みに最終調整してください。

さいごに

今回は、「imovie」のテロップ位置変更できない問題について
Macデフォルトアプリ「keynote」との合わせ技で解決する方法を紹介しました。

応用としては、keynoteでテロップを作成する際に、
アニメーションをつければ、クロマキー時にテロップに動きをつけることも
可能なので、是非、お好みの編集を施してみてください。

少しでもお役に立てればと思います。

では。