【Final Cut Pro】おしゃれ度up!動画に白枠をつける方法

どうも、Mゆうです。

 

 

おしゃれな白い枠。

 

映像内だけでなく、
YouTubeあるいは、Instagramなどサムネでも良く見かけますよね

 

こんなやつです。

 

今回は、このおしゃれ度アップな、
白枠の付け方を解説します。

 

本記事以外でも、Final Cut Pro編集方法について解説してます。

 

\Mゆうの編集解説記事/

 

図形 shapes(シェイプ)を活用しよう

編集方法は簡単で、以下を活用します。

 

[ジェネレータ]→[シェイプ]を挿入

 

また、編集の大きな流れは下記です。

 

  1. [ジェネレータ]から[シェイプ]挿入
  2. [シェイプ]パラメータを調整
  3. [変形]で位置調整

 

順に解説していきます。

 

編集方法

[ジェネレータ]から[シェイプ]挿入

[タイトルとジェネレータ]から[シェイプ]を選択し、タイムラインへ反映させます。

※検索窓に「シェイプ」と入力すればすぐ出てきます。

FCPX 白枠

 

 

シェイプをタイムラインにドロップすると、
デフォルト設定として、円形の図形が映像に反映されます。

FCPX 白枠

 

[シェイプ]パラメータを調整

下記画像のように、[シェイプ]パラメータを調整します。

 

FCPX 白枠 おしゃれ

 

項目毎に設定の詳細を解説すると下記の通りとなります。
(今回設定を変更したパラメータについて)

パラメータ 設定内容 変更後の設定値
shape 図形の形 Square
Fill 塗りつぶし有無 チェックを外す
Outline Color 枠の色
Outline Width 枠の幅 1.0
Drop Shadow Opacity シャドウの透明度 0%

 

基本設定としては、下記 2点が設定できれば、
枠の色や、枠の幅などは都度お好みで設定すれば良いと思います。

 

  • 「shape」を「Square」へ変更
  • 「Fill」のチェックを外す

 

[変形]で位置を調整

これは、完全お好みになるので、画像は参考程度ですが、
[変形]パラメータの2軸を調整します。

 

  • 「X方向」=横方向に伸ばす。
  • 「Y方向」=縦方向に伸ばす。

 

FCPX 白枠 おしゃれ

 

 

補足

 

今回の冒頭の動画は、
シェイプで作成した白枠を2重にし、
テキストを左上、右下につけてます。

 

さいごに

今回は、おしゃれ度Up!! Final Cut Pro動画編集で、
図形を用いて白枠をつける方法を解説しました。

 

簡単なので、すぐに編集できますね。

 

誰かのお役に立てば。

 

では。

 

\Mゆうの編集解説記事/