【Qubii】手間なし!簡単!便利!充電するだけで写真・動画データをバックアップできるおすすめ品。iPhoneでの使い方。

どうも、Mゆうです。

最近はSNS文化が常識になり、
何かとiPhoneで写真/動画を撮る機会も増えましたね。

でも、

いざ撮りたい時に、

iPhone内の容量がない。。

iCloud内も容量ないし

とりあえず、要らなさそうなやつを消して、、

なんてなんてこと、ないですか?

そんな方に向けて、
もってこいのもの見つけたので紹介します。

私は飛びついて購入し、重宝してます。

充電するだけでバックアップQubii

Qubii本体画像

iPhoneを充電器に挿すだけでバックアップしてくれる代物。

「Qubii」

Maktar社製で、MFi認証品です。

こんなロゴが入った製品見たことないですか。

※MFi認証とは、Made For iPhone/ipad/ipodの頭文字で、
要はApple 社が認めたアクセサリ用品です。

安心感ありますよね。

特徴

Qubii公式に羅列されてる特徴は以下になります。

  • 充電しながらバックアップ
  • スマホ触りながらでもOK
  • ネット接続不要
  • SDカードで容量追加可能
  • 無料アプリで簡単管理

なんと言っても、
「充電するだけで、バックアップしてくれる」というのは、
これ以上ないメリットですね。

バックアップにPC接続も入らなければ、作業もいりません。

1日1度くらいはiPhoneを充電する機会はあると思うので、
日常生活に勝手にバックアップがついてくる、という印象でしょうか。

使い方

事前準備

準備も含めて画像解説します。

準備するもの

  • iPhone
  • Qubii本体
  • Qubiiアプリ
  • micro SD

STEP. 1

事前準備として、「Qubiiアプリ」が必要になりますのでApp storeからダウンロードします。

Qubii

Qubii

Maktar Inc.無料posted withアプリーチ

STEP. 2

アプリ設定については、
ナビ通りに「OK」をタップしていけば、問題ないと思います。

途中、「写真」「連絡先」「SNS」に対して、アクセス許可するか否かのポップが出ますが、それぞれバックアップしたい対象について「許可」をタップしましょう。Qubiiアプリ設定画面

今回は「写真」のみをアクセス許可しましたが、設定は後ほど修正できます。

Qubii接続

「Qubii」使用時はこんな感じです。Qubii使い方

microSDカードを挿入したQubiiをiPhone充電アダプタの間にかます使い方です。

充電アダプタと形が同じなので外観を損ねることもなくスタイリッシュですね。

micro SDカードは、以下場所に挿入します。

Qubiiの使い方

非常に簡単ですね。

疑問

ここからは、恐らく疑問になるであろうところを紹介します。

バックアップ時間は?

バックアップ容量によりますが、
私の場合、13.15GBの画像・動画を33分で終えました。

これは初回のバックアップ時の所要時間で、
その後は、前回バックアップ時(要は充電時)との差分のデータのみが
バックアップ対象になるので、長時間ということはないと思われます。

例えば、

あるタイミングでバックアップした写真が100枚、
次にバックアップするタイミングで、写真が120枚(新規純増分)に増えていた場合。

2回目のバックアップ時には差分の20枚がバックアップ対象になります。

まあ、夜寝てる間には終わりますし、
スマホ触りながらでもバックアップしてくれるので問題なしですね。

特徴が活きてます。

ちなみに、バックアップした後に、iPhone側データを削除しても、
次回バックアップ時に、SDカードに保存されたデータが消えることはありません。

SDカードが一杯になったら?

容量が不足していることがアプリにメッセージがでますので、
新たなSDカードに差し替えが必要になります。

ちなみに、新しいSDカードへ差し替えても、
改めてすべてのデータをバックアップするわけではなく
上述同様、バックアップをしていない差分のみがバックアップされます。

1台のQubiiを家族で共有利用可能か?

それぞれでQubiiアプリを用いていたら可能でした。

フォルダもそれぞれで分けて保存されるため、データが混同することもないです。

ただし、双方でバックアップしたデータを確認することができるので、
見られたくないのであれば個人用として用いる方がいいかもしれません。

iCloudかQubiiか

両方使えば良いと思いますが、

個人的には「Qubii」が1つあっていいと思います。

iCloudはネット環境にあれば、
どこでも目的のデータにアクセスできるので便利です。

一方で、iCloudは無料ストレージが5GBのみ
追加で必要な場合は、月額利用料(50GB 130円〜2TB 1300円)のコストがかかります。

もちろん「Qubii」もSDカードを購入するのに、
コストはかかりますが、iCloudで毎月のランニングコストがかかるよりは安いです。

iCloud内をこまめに整理するならいいのですが、
個人的には腰据えて整理する機会も少ないので。。

それに、「容量がない」となる機会で最も多いのが、
冒頭でお伝えしたように、ふと写真/動画を撮影する時です。

その際に、削除するデータを探すのが一手間、時間がないんですよね。

そう考えると、Qubiiでバックアップしておけば、
極端な話、とりあえず全部消してその場を凌ぐことができるのがQubiiです。

さいごに

本日は、手間なし、簡単、便利な「Qubii」をご紹介しました。

今回のようなとっさの容量確保もそうですが、
その他、いつスマホ水没、紛失、盗難がふりかかるか分からないので、
日常生活でバックアップしておくのに非常に重宝する
と思います。

是非おすすめしたいですね。

では。