【あなたに合う】Final Cut Pro使い方おすすめ本 3選(初心者〜上級者)

どうも、Mゆうです。

 

Final Cut Pro動画編集を始めてみたけど、
どのようにスキルを磨いていけば良いか、
悩まれてる方もいらっしゃると思います。

 

一般的に、Final Cut Proの学ぶ方法としては、
下記勉強方法が示されることが多いですよね。

 

  1. 書籍を読む
  2. ブログ記事を読む
  3. YouTube視聴
  4. オンラインスクール受講

 

今回は、その中でも、

「テキスト書籍で学びたい」と思っている方へ、

 

”今のあなたに合った本”

 

を見つけるべく、おすすめの本を紹介します。

 

こんな方におすすめ

  • Final Cut Pro を効率よく学びたい
  • 自分に合った本を見つけたい

 

 

Final Cut Proを書籍で学ぶメリット

今回は、おすすめの本を紹介したいと思うのですが、

まず皆さん、なぜ書籍で学ぼうと思われましたか。

 

そもそもこのネット時代に、
書籍で学ぶメリットがどこにあるのか。

 

ここを押さえておきたいと思います。

私の考えるメリットは下記です。

メリット

  1. 全体像を捉えて理解できる
  2. 掘り出し物の知識スキルを身につけられる

 

順に解説します。

全体像を捉えて理解できる

 

書籍で学ぶことで、
自分が知りたい内容 +α の周辺知識も学ぶことができ、
全体像を捉えての理解深耕に強いです。

 

ネット検索で学ぶ方法をとることで、
自分が検索した内容をピンポイントで学べることは確かです。

時短を考えても効率が良い。

 

ただ、ピンポイントなテクニック/知識になりすぎて、
周辺を含めた内容が薄くなりがちと感じることがあります。

 

一方で、書籍であれば、
自分が知りたい内容に加えて、
周辺情報(背景など)も勉強できるので、
理解が深くなりますね。

 

掘り出し物の知識スキルを身につけられる

これも書籍ならではだと思いますが、
読み進める中で、思わぬ知識に触れることができます。

 

これまで特に気にしたことのなかった内容や、
なんとなく認識してたが、深くは知らなかった内容に
触れることができるので、
棚ぼた知識的にスキルが身につきます。

 

ネット検索だと、
欲しい情報を取りに行くだけの作業となりますが、
書籍だと「こんなこともあったんだ」という機会が多いです。

 

書籍を上手く使い、
その上で、ネットで情報を漁るのが最も効果効率的だと思います。

Final Cut Pro おすすめの本 3選(2021年最新版)

Final Cut Proを学ぶ書籍は多数ありますが、
その中でも私は下記3つの本をおすすめします。

 

 

大枠の内容を解説しますので、
ぜひ、“今のあなたに合った本“を見つけてください

 

Final Cut Pro X ガイドブック[第4版] 

この本を特におすすめ出来る人

 

Final Cut Proを購入して間もない方 (初心者〜中級者)

 

この本は、
Final Cut Proの基本的な構造
使い方から実践的な内容を網羅しており、
この1冊で動画編集全体を学ぶことができます。

 


これからFinal Cut Proを始めたい

今一度基礎をしっかり復習し身につけたい

 

という方に、おすすめの1冊です。

 

Final Cut Pro編集の環境設定の方法についてもまとまっているので
より良い編集環境を設定するのにも重宝します。

 

他、本書の解説で扱っている素材動画を、
ダウンロードして使用することが出来るので、
解説を見て、再現しながら学ぶことができます。

 

プロが教える! Final Cut Pro X デジタル映像編集講座

 

この本を特におすすめ出来る人

Final Cut Proに少し慣れてきた方 (脱初心者〜中級者)

 

この本も、
Final Cut Proの基本的な構造、
使い方から実践的な内容を網羅してます。

ボリューム感としては基礎よりは実践編の方が多いです。

 

様々な演出効果を身につけたい

 

という方におすすめです。

 

実際に、すぐに試したくなる編集テクニックばかりなので、
ワクワクしながら読み進めることができます

 

他、こちらも本書の解説で扱っている素材動画を、
ダウンロードして使用することが出来るので、
解説を見て、再現しながら学ぶことができます。

 

Final Cut Pro X テクニックブックプロが教えるワンランク上の映像・動画づくり

この本を特におすすめ出来る人

Final Cut Pro編集のクオリティにこだわりたい方 (中級者〜上級者)

 

この本は、基本操作をある程度理解している方向けかもしれませんが、
より実践的かつより効果的な編集方法などを学べます。

 

具体的には、
カラーグレーディング(映像の色味)や、
サウンドテクニック(音質編集)も含む、
まさにワンランク上を目指す編集方法を学ぶことができます。

 

上述2冊をFinal Cut Proを「扱える」状態を目指すならば、
この本は、「使いこなす!」という状態を目指す方におすすめです。

 

 

あなたに合った本は?

これまで、3冊の書籍を、特徴と共に紹介してきましたが、

 

“今のあなたに合った本”

 

見つかりましたでしょうか。

 

改めて表にまとめておきますので、ご参考ください。

(横スクロール可)
書籍名 おすすめできる人 目的

Final Cut Pro X ガイドブック[第4版]   

初心者〜中級者

・ゼロからFinal Cut Pro編集を知る

・改めて基礎固め、理解を深めたい

プロが教える! Final Cut Pro X デジタル映像編集講座

脱初心者〜中級者

・ゼロからFinal Cut Pro編集を知る

・演出表現の幅を広げたい

Final Cut Pro X テクニックブックプロが教える
ワンランク上の映像・動画づくり

中級者〜上級者

・制作物のクオリティを上げたい

・効果効率的な編集方法を知る

 

 

とはいえ、どれを購入すれば良いか悩みますよね。

 

私の経験として、心情も踏まえて付け加えておきますと・・


私は結果的として、全てを購入してましたね。。

 

 

 

最初は、2つ目に紹介した下記を購入。

「プロが教える! Final Cut Pro X デジタル映像編集講座」

 

その後、編集に慣れてきた頃(1年後くらい?)に、
基礎をきちんと学びたいという思いから下記を購入。

「Final Cut Pro X ガイドブック[第4版] 」

 

最後に、基礎固めた上で、ワンランク上を目指したいという思いで、
下記を購入。

Final Cut Pro X テクニックブックプロが教えるワンランク上の映像・動画づくり」

 

今思い返してみても、
自分の求めていた内容をその都度購入し勉強できていたので、
全て購入して良かったなと思います。

 

さいごに

 

今回はFinal Cut Pro を学ぶにあたっておすすめの本を3つ紹介しました。

 

現在は、ブログ記事やyoutubeなど学ぶ方法は多くあり、
便利ではありますが、
一方で、そのテクニック、知識が断片的になりがちだと思います。

 

書籍を上手く使い、
その上で、
ネットで情報を漁るのが最も効果効率的かも。

ぜひ、購入されてはいかがでしょうか。

 

\Mゆうの編集解説記事/

 

 

誰かのお役に立てば。

では。