【iMovie】画面分割する方法(3画面、4画面も可能)

どうも、Mゆうです。

 

 

iMovie動画編集において、上下左右に画面分割したレイアウトで
動画を作成したいという方に向けて、その編集方法を解説します。

 

この編集方法を覚えれば、
動画の魅せ方にバリエーションが増えるのはもちろん、
最近tiktokでもよく見る、コラボ動画も簡単に作成できるようになりますね。

2画面だけでなく、3画面、4画面分割についても丁寧に、解説していきます。

スプリットスクリーンを活用した動画はこんな感じです。

 

 

画面分割 = Split Screen

技法の名称としては、
「スプリットスクリーン(Split Screen)」と言います。

スプリットスクリーンとは、

画面において2つないしは複数に分割されて映される映像の表現技法。

(Wikipedia)

 

2つの編集方法

まず、押えておきたいのは、
編集方法について大きく下記2つの手法があることです。

  1. 「スプリットスクリーン」を活用する
  2. 「ピクチャ・イン・ピクチャ」(PiP)を活用する

 

また特徴を整理するとこんな感じです。

手法 画面分割数 分割レイアウト
スプリットスクリーン 2

左右対称

上下対称

PiP 2以上も可能 アシンメトリーも可

 

自由度が高いのは「ピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)」を用いた編集になりますが、
編集に少し手間がかかるのと、
気をつけるべき点もあるのでご留意ください。

 

では解説に移ります。

 

スプリットスクリーン編集

スプリットスクリーンの適用方法について、解説します。

ボタン1つ、2つで適用可能なので、非常に簡単です。

 

STEP.1  動画素材をレイヤーで重ねる

 

STEP. 2 [ビデオオーバレイ設定]で[スプリットスクリーン]へ設定変更

タイムラインで上に重ねている素材を選択し、ビデオオーバーレイ設定で、
[カットアウェイ]から[スプリットスクリーン]へ設定を変更する。

iMovie 画面分割 3分割

 

STEP. 3  レイアウトを任意に変更する

「位置」設定から 左右上下を選択できますので、
お好みに設定変更してください。

iMovie 画面分割 3分割

 

ちなみに、位置設定を「上」にした場合、下記のようなレイアウトとなります。

 

これで、[スプリットスクリーン]の基本操作は完了です。

 

補足 思った通りの画角で画面分割されない

今回は、たまたま素材の中心に人物が位置していたので、
良い画面分割ができています。


一方、下記のように、元素材の画角によっては、
本来映したいところで画面分割ができないこともあります。

 

その場合は、[クロップ] →[サイズを調整してクロップ]から位置を変更します。

iMovie 画面分割

ピクチャ・イン・ピクチャ編集

続けて、「ピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)」を用いた
編集方法について解説します。

 

※今回の出来上がりは、以下のような3画面レイアウトの解説をしていきますが、
 4画面、それ以上でも下記作業の繰り返しで編集できます。

iMovie 画面分割 3分割 4分割

 

STEP. 1 動画素材をレイヤーで重ねる

 

STEP. 2 [ビデオオーバレイ設定]で[ピクチャ・イン・ピクチャ]へ設定変更

「ピクチャ・イン・ピクチャ」をクリックすると下記画像のように、
重ねたい素材がワイプのように表現されます。

 

STEP. 3 レイアウトを任意に変更する

 

STEP. 4 一度、ファイルを書き出す

ここまできたら一旦ファイルを書き出しますが、
これは、imovieではレイヤーを2つ以上重ねられないので、
作業してきた2画面レイアウトを「1つの素材ファイル」として書き出す必要があります。


 

STEP.5 [書き出したファイル]素材と重ねたい素材をレイヤーする

ここからは「STEP.1」、「STEP.2」の繰り返しとなります。

 

STEP. 6[ビデオオーバレイ設定]で[ピクチャ・イン・ピクチャ]へ設定変更

STEP. 7 レイアウトを任意に変更する

iMovie 画面分割 3

 

どうでしょうか。
綺麗に画面分割(3分割)できたのではないでしょうか。

 

この方法を使えば、4分割、あるいはもっと複数の画面分割が可能になりますね。

留意事項

今回は1度のみでしたが、
「ピクチャ・イン・ピクチャ」を用いた方法については、
途中、ファイルを出力する必要が出てきます。

つまり、映像の劣化がおこることご留意ください。

 

1度、2度程度であれば目視で気になるほどの劣化はないと思いますが、
複数回となると画質劣化していることは確かなので、
この点だけ頭に置いておきましょう。

 

さいごに

今回は、iMovie動画編集で、画面分割の方法について解説してきました。

スプリットスクリーンを用いた方法の方が、簡単手間なしだと思いますが、
「ピクチャ・イン・ピクチャ」を用いる方法もバリエーションが豊かになるので、おすすめです。

 

他にも当ブログでは、
iMovie動画編集のテクニックを解説してますので、
ぜひ、参考にしてください。

\CHECK/

どうも、Mゆうです。 imovieのデフォルトタイトルでは、 タイトルあるいは字幕テキストを1文字ずつ出したりができないので、 いつもタイトルが一辺倒になりがち、見せ方に苦労している。。 という方も多いのではないでしょうか。 今回は、そ[…]

imovie タイピング風 タイプライター エフェクト タイトル

誰かのお役に立てば。

では。